スプラウトの収穫

私の通ったローフード教室は、何でもひととおり作ってみるのが
趣旨で、ローフードの代表的な素材であるスプラウト(カイワレなどの
発芽食品)も初日に仕込んで、教室終了後に持ち帰り
収穫するというのが宿題でした。

ブロッコリーやレッドクローバーなど数種類の中から
私はレッドクローバーをチョイス。

やり方は

① 大きなガラズビンにスプラウトの種大さじ1杯くらいを入れて
  ガーゼなどでふたをし、そこへ水を注ぎ、その水を捨てる。

② そのビンを逆さ(45度くらいがいい)にして常温で24時間置く。
  再び水を注いで捨てる。

③ その後、朝板水を取り替えて焼く1週間したらビンいっぱいの
 スプラウトが収穫できる。

④ ビールにあけて、スプラウトとその種をわけ、保存。

これでフレッシュなスプラウトがいつでも手軽に収穫できます。

やわらかくて癖がなくて、サラダやローの手巻きすしにして
いただきました。

c0205458_15173251.jpg


ちなみにヅーイットヨアセルフの店ではブロッコリーのスプラウト用タネ
として1袋189円で18ml入り がありました。

これから作ってみようと思います。
[PR]
by halnorawfood | 2010-04-16 15:02 | ローの料理
<< ダイエット大作戦 初めてリジュベラックに挑戦 >>