カテゴリ:できごと( 3 )

いよいよローフードシェフコースへ

いよいよローフードシェフコースへ


今日から協会理事で、著名なローフードシェフ&教師でもある
ジム・モーリスの日本初のシェフコース2級が始まりました。

ジムは最初にローフードの素晴らしさをかみ締めるように
語ってくれました。
ローフードをつくるとははいわば食べ物のエネルギーを感じながら
体内へ取り入れていくプロセスを体験すること。

実にスピリチャルなエネルギーに満ちた言葉で始まりました。

そして道具の使い方、切り方などを熱っぽく語る姿に
これまでに体験したことのない感覚に襲われました。
そうすべてが祝福のエネルギーをもって食物を接し
それを食べられる形(料理)にまで引き上げること・・・・

c0205458_1665672.jpg


いやぁ参加してよかった!

しかしメニューはグルメーローフードなのでナッツを使った料理が多く、
作っては食べてという感じで食べてはいるのですが、
なんとなくさっぱりしたサラダが食べたいって皆言い出して。

ちょっと面白かったです。
[PR]
by halnorawfood | 2010-10-13 22:48 | できごと

忙しくて・・・・

なんだかお仕事が忙しくなり、
その分、食生活もこれまでどおりの
お肉や火を通したものばかりになってしまって
いけません。

忙しいと「考える」ことができなくなって
もう息をしているだけ的な状態になっています。

そういうのの対極にローフードがあるんですよね。
[PR]
by halnorawfood | 2009-10-25 17:30 | できごと

きっかけは(続き)

ダイエットは女性の永遠のテーマだと思いますが、
私自身は、花の10代から20代にかけて激太りというほどではありませんが
若い女性としては嘆かわしいお肉がついた体型をしていました。

20代の半ばでしょうか、恋愛問題と先行きのことが
重なって、かなり神経的にまいってしまい、
半年ほど、食欲ががくんと落ちて、
今考えればそれがダイエットになったのでしょうが、
1日の食事が、若い女性だったらこれくらいという量の
ほぼ4分の1くらいになったことがあります。

その時はみごとに痩せました。
11号でもはいらな~いといっていたスカートが
7号なんです。

その後10数年、その体型を維持してきましたが、
40の声をきくころからじりじりとお肉が付き始め、
ことに、小田原へ引っ越してきてからは
食べ物美味しい、温泉楽しい、移動はすべて主人の運転する車・・・
で、あっという間に数キロ(いやもっとかも)増えてしまいました。

主人にもあんまりにも、その××は・・・・見苦しいと言われて・・・・

さぁ、この課題をクリアできるか?
若さは取り戻せるのか?

もしこの課題がクリアできれば、他の根深い問題だって
必ずクリアできそうな気がしています。
[PR]
by halnorawfood | 2009-09-12 21:59 | できごと