カテゴリ:ローの料理( 9 )

和風ヌードルが好評

ローフードマイスター検定の課題に創作料理を考案するとか
ドレッシングなど何かを極める、というテーマをしぼった
研究課題がでています。



12月18日がその発表日なのでそろそろと思っていますが
テーマが絞り込めません。

先月、ローフード用の器具をいろいろと購入する検討を
していたのですが、スパイローリーというパスタ状の麺を
簡単に作れる日本未発売の器具を買おうと決めていたサイトで
もう取り扱いがないことが分かり、ちょっと焦ってようやく
輸入代理店を見つけてあわてて注文したのでした。

しかし直輸入なので3週間はかかるとのことで
待って待って待ち焦がれていました。

そして!  やっと昨日とどきました。
こういうのってうれしいですね。

さっそく昨日からいろいろと作っていますが、
やはり威力がある! 
大量の麺(パスタ)があっという間にできてしまうんです。


c0205458_1555924.jpg





そこでせっせと作っていますが
イタリアンもいいけれど、冷やしうどんをイメージした
常温の味噌つゆの和風麺をお出ししたところ
意外なぐらい好評でした。


c0205458_15553175.jpg


暑さの残りのせいで、こうした冷やしソバ、うどんもどきが
まだ美味しく感じられるようです。

研究テーマも麺に決めようかしら?
[PR]
by halnorawfood | 2010-10-03 09:53 | ローの料理

暑い時って

今年の猛暑は夏生まれの私もさすがにぐったり。
食欲もありません。
ローフードですら作りたくない、食べるのもおっくう。


ただありがたいのが小田原でのシータヒーリングセミナーが
結構何日か続いて、そういう時はがんばれてしまうのですね。

先日もなんと4名とか6名でもローフードランチを
へこたれずに作ってお出しできました。

好評だたったのが「さらだっ子」というマシンで切った
かぶをそうめんにみたてたもの。(写真はジミですが)

c0205458_1534821.jpg




そんな状態なのに体重は減りません。

運動もすぐ汗をかくのでままならず・・・

あこがれのウェスト58cm以下には少し遠く、です.
[PR]
by halnorawfood | 2010-08-08 15:23 | ローの料理

ローフードマイスター検定用の捜索料理 その4

はるのサイト  *:.。.☆**☆.。.:*・*:.。.☆**☆.。.:*・
http://www.office-hal.com.


ローフード創作料理5点のうちの4点目です。

まぁこれは創作ではなくていろんなところで
バリエーションがのっているサラダなんですけど・・・

c0205458_17302063.jpg
c0205458_17303829.jpg


題してカラフルサラダ 2人前

◆グレープフルーツ(今回はルビー) 1個
 オレンジ             1個
 セロリ              1/2本
 パプリカ 赤           中1個
 きゅうり             1本(少なめでいいので2/3                  本くらいでも)  

 ドレッシング
   カシューナッツ    1/3カップ
   アーモンド      1/4カップ
   レーズン       好みで
   レモン汁       1/2個~1個 好みで
   リジュベラック又は水  50cc
   グリーンナッツオイル 少々
   塩          少々


1 グレープフルーツとオレンジは房をむいて、食べやすい大きさにする。
2 セロリ、キュウリ、パプリカは1cmくらいのさいの目切りに。
3 1と2をボウルにいれ、レモン汁をしぼって混ぜ合わせる
4 ドレッシングをミキサーにかけて作る。

  硬さ、味加減は調整して・・・・

写真左)色どりがビタミンカラーで、ドレッシングをかけるのがもったいないくらい・・・・。
アボガドを入れてもいいし、リンゴでもいいし、デコポン、ハッサク、いよかん、甘夏など好みのかんきつ類と混ぜてもいい。

すっぱさはドレッシングのさわやかでコクのある感じが調和してくれるし、セロリなどのシャキシャキ感もいい。

今回の創作料理は友人に作るのを手伝ってもらい
試食をしましたが、好評の一品です。

はるのサイト  *:.。.☆**☆.。.:*・*:.。.☆**☆.。.:*・http://www.office-hal.com.
[PR]
by halnorawfood | 2010-06-10 17:30 | ローの料理

ローフードマイスター検定用の捜索料理 その3

はるのサイト  *:.。.☆**☆.。.:*・*:.。.☆**☆.。.:*・
http://www.office-hal.com.

ちょっと以前から暖めていたスープ

大好きなキノコ類を入れた栄養価の高いスープです。

c0205458_11515087.jpg


◆エリンギ 中1本
 しいたけ 2~3個
 本シメジ 1/3袋

 味噌   小さじ2杯
 アーモンド 一握りくらい
 野菜スープの元 1.5人前
 水     300cc

 出来上がりに、キノコの荒く刻んだのを
     浮き身より多めに(存在感あるように)入れます
 アサツキとかブロッコリーのスプラウトを上に散らすと
 おしゃれです。


香り高いキノコがたっぷりで美味しかったです。

キノコは一度にたくさん食べれませんので
こうしたスープもたまにいいかなぁ。


上記のキノコは鮮度がよければ(冷蔵庫で3~4日以内)
生で食べられますが、本シメジは鮮度のよくないものが
売られていることが多いので(その場合白いカビを根元に
見ることがあります)、なるべく買ってきたその日に
作りましょう。

キノコとしてはマイタケ、マッシュルームなども生でいいですが
アクが出やすいので、上記のものがいいと思います。

好みで味噌の変わりに、おしょうゆ味でもいいでしょう。
ゴマ風味も考えたのですが、キノコの香りを邪魔するので
やはり控えめな味噌味がいいようです。

ナッツはカシューナッツを切らしたので
アーモンドのみでしたが、いろいろなナッツでもOK。

サっパリ味の中にもキノコの香りがして美味しかったです。

はるのサイト  *:.。.☆**☆.。.:*・*:.。.☆**☆.。.:*・http://www.office-hal.com.
[PR]
by halnorawfood | 2010-06-10 11:52 | ローの料理

ローフードマイスター検定用の捜索料理 その2

はるのサイト  *:.。.☆**☆.。.:*・*:.。.☆**☆.。.:*・
http://www.office-hal.com.


週末は夫と過ごすので、本格的なローメニューが
作れないのですが、いよいよ検定も迫ってきたので
週末から週明けにかけて頑張って作ってみました。
(やればできるじゃん!! って感じです)

今日はさっぱり風味のパワーいっぱいトマトスープです。

c0205458_21165391.jpg


2人前

トマト   完熟1個
ドライトマト  大きめ3かけくらい
ニンジン  1/4本
アーモンド 片手で握れるくらい
玉ねぎ   少し
パプリカ 赤  1個

ドライレーズン  好みで

以上をミキサーにかけ、水でゆるさを、塩で味を調節します。

スープ皿に盛り付け、パプリカや玉ねぎの微塵きりをちらして
完成です。

ドライトマトとトマトのリコピンやビタミンが
暑い季節を乗り切るパワーを与えてくれそうです。

トマトらしい味になりました。
[PR]
by halnorawfood | 2010-06-08 21:17 | ローの料理

スプラウトの収穫

私の通ったローフード教室は、何でもひととおり作ってみるのが
趣旨で、ローフードの代表的な素材であるスプラウト(カイワレなどの
発芽食品)も初日に仕込んで、教室終了後に持ち帰り
収穫するというのが宿題でした。

ブロッコリーやレッドクローバーなど数種類の中から
私はレッドクローバーをチョイス。

やり方は

① 大きなガラズビンにスプラウトの種大さじ1杯くらいを入れて
  ガーゼなどでふたをし、そこへ水を注ぎ、その水を捨てる。

② そのビンを逆さ(45度くらいがいい)にして常温で24時間置く。
  再び水を注いで捨てる。

③ その後、朝板水を取り替えて焼く1週間したらビンいっぱいの
 スプラウトが収穫できる。

④ ビールにあけて、スプラウトとその種をわけ、保存。

これでフレッシュなスプラウトがいつでも手軽に収穫できます。

やわらかくて癖がなくて、サラダやローの手巻きすしにして
いただきました。

c0205458_15173251.jpg


ちなみにヅーイットヨアセルフの店ではブロッコリーのスプラウト用タネ
として1袋189円で18ml入り がありました。

これから作ってみようと思います。
[PR]
by halnorawfood | 2010-04-16 15:02 | ローの料理

初めてリジュベラックに挑戦

ローフードの基本の一つが、酵素飲料を自分で作るということ。

ローフードの提唱者、アン・ウィグモア博士は
欧米での標準的酵素ドリンクの材料、小麦若葉を醗酵させた
リジュラベック(酵素飲料のこと)を飲み始めてから
80代で、白髪が黒くなったそうです。

日本ではリジュベラックはキャベツを使って作るのが一般的ということで
ローフードの教室でも作ってみました。

キャベツのは好みがありますが、ドイツ料理の付け合せに出てくる
キャベツの酢漬け(ザワークラウト)とか
日本のキャベツの額づけのつかりすぎたの
みたいなにおいと味がします。

c0205458_10293037.jpg

写真は作りたてでキャベツのグリーン色がきれい。
これを3日間常温でおくと醗酵しえも言われない臭いがしたら、出来上がりです。

作り方はいたって簡単で

①ガラズ製のボトルと保存用ボトルとミキサーを熱湯消毒します。
②キャベツ(なるべく新鮮なもの)1/4を荒く刻み
 ミキサーで500ccの水(ミネラル水がいい)とガーします。
③できたものをガラスボトルに移し、水を400ccくらい加え
  合計1000ccくらいとします。フタは密閉しないてラップなどで
  空気を通るようにするのがポイントです。
④常温で約3日おきます。
⑤キャベツの緑色がレモンのような色に変わったら出来上がり。
⑥中のキャベツをガーゼなどで漉して、液体だけを別のボトルに入れ替え、冷蔵庫で保存。3日間で飲みきります。

※消毒がきちんとしていないと、醗酵過程で、白いカビが生えてくるそう。

これは薄めてもよし、そのまま飲んでもいいです。

私は原液を水代わりにのんでいます。
ぜひお試しください。
[PR]
by halnorawfood | 2010-04-14 10:16 | ローの料理

作ってみましたぁ

これから出来るだけ毎日ローフードの食事を1品でも
作って、それをご紹介していきたいと思います。

もちろん厳密な意味での100%リビング(生きている)フード
はまだまだ作れないけど、それに近いものを作ることで
ゆくゆくはロー(生)率を上げていきたいと思います。

さて昨日アボガドを使ったのでその残りをということで
アボガドとトマトのシンプルサラダ

アボガド(昨日6分の1使っている残り)
トマト 大きめ1個

青ゆずとレモンのしぼり汁
しょうゆ少々
コンブパウダー
ガーリックパウダー

以上のドレッシングでさいの目に刻んだトマトと
アボガドを和えます。
c0205458_17254964.jpg


さっぱりして、栄養価も高い一品に仕上がりました。
アボガドはすぐ酸化して黒ずんでしまうので
早めにレモン汁をかけるといいでしょう。

見た目も色がきれいですし、美味しかったです。
ダンナも残さずに食べてくれました。
[PR]
by halnorawfood | 2009-10-15 23:24 | ローの料理

ローフード料理に挑戦

昨日はお友達が遊びにこられるので
ローフードを含めた野菜料理に挑戦してみた。
いわばゆるゆるのローってことで。

だいたいのメニューはこんな感じ
(和えた材料はウル覚えなので・・)
c0205458_17231327.jpg


グリンサラダ
ドレッシングは
しょうゆ
ショウガ・ゆず・レモンの絞り汁
コンブのパウダー
ガーリックパウダーなど

2色のパプリカといんげん(これはさすがに茹でました)
のマリネ
しょうゆ
ワインビネガーほんの少々
レモン汁
コンブのパウダー
ガーリックパウダーなど

ニンジン、ピーマン、玉ねぎ、スプラウトの
アボカドソース和え
これはアボカド6分の1切れにミソこさじ1くらい
をつぶして混ぜてやはりコンブのパウダー
ハチミツ少々

漬物はカブを細かく切って梅干で
和えて2時間くらいおいたもの

ここまでがローまたはローに近いもの
(全部がオーガニックの食材ではないけど)

写真手前はお得意のナスのゴマ油いため
かつおぶしとしょうゆかけ


味噌汁はダイコンとサツマイモ、浮身はミズナ

ご飯は3分搗き米

以前の小皿料理よりは品数が少ないけど
1品ずつに手がかかっています。

といってもローフードメニューは切って和えるだけなんで
かえって簡単なんでしょう(慣れないだけで)

最近ローフードの話ばかりかいてるなぁと
ふと気づいたはるでした。

でもお友達もローフードの話を「目からうろこ」と
言って感激してくださり、
私もいろいろと得るものが多い1日でした。
[PR]
by halnorawfood | 2009-10-15 17:19 | ローの料理