<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いよいよシェフコース最終日

いやぁ 作った、作った、作った!


このコースは分厚いセミナーブックのレシピの中から
ジムが任意に選んだものを2日間作り方の細かい説明を
受けながら分担して作る → 食べる ということを
繰り返す毎日でしたが、最終日はおもてなし料理(ジムが
考えた和風のフルコース)を

オードブル
酢の物
サラダ
スープ(味噌汁)
メイン
スィーツ 2種

全員で3つのグループになって互いにブレンダー、ディハイドレーター
などの器具を使うタイミング調整しながら
材料を譲り合いながら
お皿なども調整しながら・・・(実際会場ではそれだけの一そろいの皿がなく
これも腕の見せ所でした)

協力してディナーコースを作り上げるというものです。

c0205458_16223395.jpg



すごかったです、みんなの協力ぶり、連携ぶり
盛り付けもプロなみで
味つけ(必ずしもレシピ通りではなかったようで工夫があちこちに)
もそれなりにお金が取れるくらい素晴らしいものになりました。

ちょっと最後は感動しました。

c0205458_16231425.jpg


そしてフードに携わるものはけして単独ではない。
こうして皆が輪になっていくんだなという実感も。

かくして自分らしさをだしていくっていう
シェフ1級コーズへ向けての課題が始まりました。
[PR]
by halnorawfood | 2010-10-15 23:35 | セミナー受講

シェフコース2日め

昨日かなりサラダが食べたいって言ったせいか、
サラダばりの野菜たっぷりのスムージーと
昼食にはたっぷりのサラダも出てきて一安心。

しかし、ジムの動きのすばやいこと。
常に生徒さんのしていることを視野に入れながら
少しでも手こずっていると飛んできてくれます。

私は和包丁での切り方しか知らないので(和包丁は手前に押して切ります)
西洋包丁の、まるで反対に向こうへ押して切るのには慣れていなくて
さっそく注意されてしまいましたが・・・すぐにはできないんですよね~~


c0205458_16101833.jpg



ところで今日は面白い発見がありました。

ジムが動き回るので通訳さんが間に合わないこともあり、
ジムが個人的に何か伝えようとしてくれることが何度かありました。

ちょうど「○×△◆○□×○△・・・・」見たいな感じ。
英語は片言で意思を伝えられるくらいなのですが
反対にヒヤリングは得意ではありません。

しかし。

ヒーリングの時に相手のエネルギーを自分で翻訳して
理解するというスキルが磨かれてきたせいか・・・
言葉もエネルギーですよね。
なので、英語ではなくエネルギーとして受け取って
自分なりの言葉に翻訳しているらしく
ジムの言いたいことはかなり分かるって感じに
気がつきました。

ふむふむ、そうするとスピーキングの腕を磨けば
かなり英語で会話ができそうだな。

大きな発見でした。

↓グループごとに分かれて作っているので
何を作ってるのかわからなくなることも・・・・・

c0205458_16124550.jpg


さて明日は仕上げの日。

お招きしている10人ほどとスタッフ分の合計25人分の食事を
ジムのレシピ通りに作ります。

ナッツなどの仕込みをして、足りない食材を注文し
気合をいれながら帰宅しました。
[PR]
by halnorawfood | 2010-10-14 23:34 | セミナー受講

いよいよローフードシェフコースへ

いよいよローフードシェフコースへ


今日から協会理事で、著名なローフードシェフ&教師でもある
ジム・モーリスの日本初のシェフコース2級が始まりました。

ジムは最初にローフードの素晴らしさをかみ締めるように
語ってくれました。
ローフードをつくるとははいわば食べ物のエネルギーを感じながら
体内へ取り入れていくプロセスを体験すること。

実にスピリチャルなエネルギーに満ちた言葉で始まりました。

そして道具の使い方、切り方などを熱っぽく語る姿に
これまでに体験したことのない感覚に襲われました。
そうすべてが祝福のエネルギーをもって食物を接し
それを食べられる形(料理)にまで引き上げること・・・・

c0205458_1665672.jpg


いやぁ参加してよかった!

しかしメニューはグルメーローフードなのでナッツを使った料理が多く、
作っては食べてという感じで食べてはいるのですが、
なんとなくさっぱりしたサラダが食べたいって皆言い出して。

ちょっと面白かったです。
[PR]
by halnorawfood | 2010-10-13 22:48 | できごと

和風ヌードルが好評

ローフードマイスター検定の課題に創作料理を考案するとか
ドレッシングなど何かを極める、というテーマをしぼった
研究課題がでています。



12月18日がその発表日なのでそろそろと思っていますが
テーマが絞り込めません。

先月、ローフード用の器具をいろいろと購入する検討を
していたのですが、スパイローリーというパスタ状の麺を
簡単に作れる日本未発売の器具を買おうと決めていたサイトで
もう取り扱いがないことが分かり、ちょっと焦ってようやく
輸入代理店を見つけてあわてて注文したのでした。

しかし直輸入なので3週間はかかるとのことで
待って待って待ち焦がれていました。

そして!  やっと昨日とどきました。
こういうのってうれしいですね。

さっそく昨日からいろいろと作っていますが、
やはり威力がある! 
大量の麺(パスタ)があっという間にできてしまうんです。


c0205458_1555924.jpg





そこでせっせと作っていますが
イタリアンもいいけれど、冷やしうどんをイメージした
常温の味噌つゆの和風麺をお出ししたところ
意外なぐらい好評でした。


c0205458_15553175.jpg


暑さの残りのせいで、こうした冷やしソバ、うどんもどきが
まだ美味しく感じられるようです。

研究テーマも麺に決めようかしら?
[PR]
by halnorawfood | 2010-10-03 09:53 | ローの料理